American Story

ここではちょっと私がAmericaに住んでた時の話をしま~す。私が住んでいたの

New JerseyというところでNew Yorkから車で2時間ほど走ったとこにありま

す。よく3ヶ月くらいで英語はなせるようになるとかいうけど、あれは嘘!学校で

どっぷり英語に浸かっていても家に帰って日本語じゃあ意味がない American

 schoolには生徒一人一人にスクールカウンセラーがついていてそれぞれに組

むカリキュラムの相談にのってくれるというシステム それに子供が落第しない

ように成績に問題のある生徒は親宛に手紙が送られてくる 授業参観も夜に

あったりして親が仕事のあとにきやすいようになっていて 会社などでも仕事よ

り家族を優先するのが普通っていう考え 送りは学校が遠いので毎日父親が、 

帰りは母親が免許とるまで姉と40分歩いてかえってました 田舎だったので遠

かった・・・・ 実は一回一人で帰るって言って歩きだしたんやけど木ばっかりの

同じような道やからわからなくなって、交通整理してたヴォランティアのおばちゃ

んに名詞みせたら学校まで連れて行かれて なんと!! パトカーに乗って家

まで送ってもらいました・・・ あっちのパトカーは違うね、(日本のしらんけど・・)

front seatとback seatの間に鉄格子があって犯罪者になった気分やった・・・・ 

白人と黒人のpolicemenやったけど中学生の私には怖かったわ・・・  

 私は英語が話せなかったのでESL(English as a Second Language) という英語

を母国語としない子供のはいるクラスにはいりました もちろん通常の数学や国

語のクラスもあるんですけどね  先生の汚い字で書いてある黒板の内容もち

んぷんかんぷんでした アメリカ人で字のきれいな人はいない!!どんなに可

愛い女の子も字は汚かった そんなこんなで学校が始まったんですけどいっぱ

いエピソードがあるので興味ある人はまた読んでね!! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)